Gute Reise!

cherryleaf.exblog.jp ブログトップ

広告対策

広告対策
以下、本文とは関係ありません。

[PR]
# by hleaves | 2012-12-31 06:43 | 生活

温泉旅行その4 ぐんまフラワーパーク

2日目に行くつもりだったたくみの里に1日目に行ってしまったので、もう帰る方向でぐんまフラワーパークに行こうということになった。
前に行ったのはいつだろう?4~5年行ってないかも?
割引クーポンがあったので、大人1人450円で入れた。
前はもっと高かったような気がする、と思って調べたら、真夏は少し安いみたい。
バラの季節とか、観光にいい時期は少し高いらしい。
チケット・パンフレットと一緒に手書きの見どころマップももらって、なかなかがんばってるなと思った。

思ったより涼しくなく、蒸し暑かった。
ところどころある建物は節電仕様の冷房ではあるがまあ涼しい。
温室は窓全開で、全然温室ではなかった。というか、外が温室並みの温度だったってことだな。
イベント温室(温室という名前だったが、冷房が効いていた)は「癒しの庭」ということで、秘密の花園のような雰囲気でオルゴールのBGMが流れていた。
c0051757_19343850.jpg

ふとみると、あずまや(英語ではgazebo:ガゼボというらしい)に黒Tシャツ・黒短パン・黒メガネのおっさんが座っていて、興をそがれた。

c0051757_19362298.jpg
←仲良しさん
10月31日まで「ダリアまつり」が開催されているそうです。

日本庭園で水琴窟の音を聞いたり、イングリッシュガーデンを歩いたりしていたら、雷の音が聞こえ始めた。
雨はまだ降りそうになかったが、帰ることにした。
また秋に来ようと思った。
[PR]
# by hleaves | 2012-08-28 19:39 | 旅行

温泉旅行その3 旅館

たくみの里で、工芸体験をしたあと、夫は町営の「まんてん星の湯」へ。
私はその辺を散歩したが、雨が降ってきそうだったので、車で待機した。
やがて豪雨襲来。
風呂上がりの夫がダッシュで車まで走ってきた。
まあ、降るよね。私たちは行く先々で恵みの雨をもたらすからね。過剰なほどに。
予定より早かったが、旅館へ行くことにした。

旅館に着いたら私はまずお風呂。
夫はまたお風呂。
晩御飯はよくある温泉旅館のご飯だった。
私たちはお酒を飲まないので、すぐに白いご飯を出してもらった。
そしておひつごとおかわり。
さすがに次のおかわりはしなかった。
ご飯を食べ終わったら夫はまたお風呂。
私は夫が持ってきた松本清張の文庫本を読んだ。
古い温泉旅館と松本清張の古い雰囲気が妙にマッチした。
いや~、人間って怖いね。今も昔も変わらん怖さってあるね。
夫は寝る前にまたお風呂に入った。

朝起きて、夫はまたお風呂。
朝ご飯はおひつおかわりをしなかったが、下げに来たおばあさんに
「足りなかったでしょう。言ってくれればもってきたのに」
と言われた。
空っぽだったからね。
朝ご飯を食べたら、夫はまたお風呂。
夫を待つ間に、松本清張を読み終わった。
浮気はよくない、ということがよくわかった。しないけど。

9時過ぎにチェックアウトして、ぐんまフラワーパークへ向かった。
夫はお風呂がかなり気に入ったらしく、大変満足したようだ。
5回も入ったからね。まんてん星の湯をいれたら、1泊2日で6回入った計算になる。
入りすぎじゃないか?
[PR]
# by hleaves | 2012-08-22 19:33 | 旅行

温泉旅行その2 たくみの里

びーどろパークのあと、道の駅に行ったが、大したことがなかったので、たくみの里へ行くことにした。
本当は2日目に行くつもりだったが。

まず、お昼のお蕎麦食べた。
5合そばだったかな?ざるに2~3人前がよそってあるのを2人で食べた。
プラス、野菜天ぷら盛り。まいたけの天ぷらがおいしかった。
おそばもまあまあ。
サービスで蕎麦がきが出た。おいしかった。
近くのおじさん2人は、一升そばという5~6人前のをとっていた。
全部食べられたのだろうか?

その後、工芸体験をしようと歩いていると、学生らしき集団がレンタサイクルの乗り場で楽しそうに盛り上がっていた。若いっていいね~。(遠い目)
まず、七宝焼きをやってみたが、これは研究というか改善の余地があるので、また挑戦したいと思った。
次に、文化財に指定されているらしい『泰寧寺』というところに行ってみた。路が細く、誰もいない。
参道から周りとは違う雰囲気で、樹木が多いせいか涼しい。
また、「クマが出るかもしれないので鐘を鳴らしてから入ってください」とか書いてあったので、ビビリの私は思いっきり鳴らしてから入った。
さらに、蜂が飛んでいて、蜂が大きらいな私はしばらく金縛りにあっていた。
異界のような静けさに虫の声が響いていた。

さて、やることもなくなったので、たくみの里で作りたかった、ちりめん細工の家へ行ってみた。
中心から少し離れているせいか、あまり人もいなくて、車が停められた。
30分くらいで作成。
c0051757_19352618.jpg

最後に顔を書いたのだが、なんだか自分に似てる。
まあ、毎朝自分の顔に自分の似顔絵を描いてるからね。

私がこれを作っている間に、夫は隣の喫茶店?でかき氷を食べていた。
かなりおいしかったらしく、「明日も行かない?」と言っていた。
かき氷はともかく、たくみの里はまた行きたいと思った。
[PR]
# by hleaves | 2012-08-20 19:42 | 旅行

温泉旅行その1 月夜野びーどろパーク

夏休みを利用して温泉旅行へ行きました。
家から車で2時間弱の猿ヶ京温泉。
まずは、月夜野インター近くの『月夜野びーどろパーク』へ。

吹きガラス体験もしてみたかったのですが、先日夫が私の車のキーホルダーをなくしたため、代わりのキーホルダーを作ることにしました。
まず、ステンドグラスのパーツを購入し、銅のテープを巻きます。
c0051757_8454339.jpg

次に、はんだで2枚のパーツを接合し、周りの銅のテープ部分もコーティングします。
c0051757_8474996.jpg


※ここで夫がデジカメを持って行ってしまい、手順の代わりにムチムチしたおばさんがステンドグラスを作成している写真が続きますが、諸事情により割愛。

キーホルダーを通すわっかと、キーホルダーをつけて、完成。
わっかをつけるところがうまくいかず、係の人にやってもらいました。
c0051757_8494977.jpg

所要時間30分程度で、キーホルダーが出来上がりました。

その後、ガラスショップを見て目の保養をし、テラスでブルーベリーソフトクリームを食べました。
c0051757_8524247.jpg

テラスもガラスの屋根、ガラスのテーブルでとてもきれいでした。
[PR]
# by hleaves | 2012-08-19 08:55 | 旅行

親子兄弟水入らず

7月半ば、夫が実家に帰省した。
毎年恒例の親子兄弟水入らずの数日間を過ごしたのだ。
私が翌週に控えた健康診断(というか体重測定)に備えて、暑い中こんにゃくそうめんをすすっている間、
セレブの飲み物:ヱビスビールを飲み、セレブのアイス:ハーゲンダッツを食べてきたという。
私が「K'sデンキのところのロールケーキでも買いな!」と渡したお小遣いは一度も出さずに、すべてゴチになってきたらしい。
まあ、末っ子の特権か??
折よく?義兄が誕生日だったそうで、ロールケーキを食べる大義名分ができたらしい。
朝晩は涼しくて、Tシャツじゃ寒いとか、ふざけたメールがきた。
Tシャツじゃ寒いだと?!
こっちはTシャツなんか着てたら暑いんだよ!
タンクトップに短パンで、急に誰か来ても外に出られないんだよ!
私はいいけど、見た人が石になっちゃうだろ!

もちろん毎食が満漢全席、恒例の焼き肉やら、ママンのパスタやらを食べてきたらしい。
こちらに帰ってからも大好きな『餃子の王将』でラーメンセットを食べたらしいし、食べすぎだろ?
それでも夫は家族の中では太ってないので、「やせてる」扱いを受けている。
痩せているからいびきをかかないと。
いや、毎晩ウシガエルの鳴き声みたいな音を響かせてますけど?
ん?夫の家系のいびきレベルが高すぎで、まだまだだな、ということかもしれない。

兄は「弟はいびきをかかない」といふ。
兄が東京の寝床で掻くいびきが
本当のいびきだといふ。
私は驚いて弟=夫を見る。
眠っている夫が発しているのは、
公園にいるウシガエルの鳴き声のような音だ。
不可解ないびきの話である。

やはり高村光太郎先生のようにはうまいこと書けないなあ。
愛が足りないからかもしれない。
[PR]
# by hleaves | 2012-07-31 19:58 | 生活

Yシャツ リメイク

夫のYシャツをリメイクしてみた。

この季節にぴったりなノースリーブ
c0051757_9114299.jpg


チュニックらしいが、割烹着みたくなってしまった。
c0051757_9122135.jpg


写真が下手すぎ(´・ω・`)ショボーン
[PR]
# by hleaves | 2012-07-28 09:16 | 生活

怒ったぞ(ー_ー)!!

昨日、車の保険満期のお知らせが来た。
次年分は9月某日にどこそこの口座から引き落とされますっていうやつ。
で、一通り見て、契約内容のところで目を疑った。
生年月日が全然違うじゃないか!
私は昭和4*年9月2日生まれ。
はがきにあるのは昭和3#年9月1日。
9月しか合ってない。
さっそく、はがきに書いてあるお客様相談窓口みたいなところにフリーコール。
対応してくれた人は、申し訳ありません、連絡ありがとうございます、みたいな態度で、明日担当者から改めて連絡するとのこと。
私も普通に修正お願いしま~す、という感じで電話を切った。

夫にその葉書を見せたら、
「兄さんと同い年だw」
え?敬愛するお義兄様と同い年?そりゃ光栄・・・なわけないだろ!
あ~たより年上じゃないか!
会社でその話をしたら、
「私より年上だから、これから『お姉さま』と呼ぶわ~」
とか言われるし。

午後に、担当者から電話があった。
最初から私が間違えたと決めつけて、
担「どこで手続きしましたか?」
私「『購入したディーラー』です。」
担「じゃあそこで記入したときに間違った?」
私「・・・誕生日は間違えないですよね?」
担「ご家族にその誕生日の方は?」
私「全くいません」
担「『購入したディーラー』の担当者は?」
私「『担当者』さんです」
担「きちんと保険についての説明はありましたか?」
私「(手続きしたのは2年前なんだよね)細かいことは忘れましたが、説明はあったと思います」
担「免許書と突き合わせて記入事項を確認しましたか?」
私「(免許書出したのは覚えてる)確認はしました」
担「ゴールド免許で、24年10月2日までですよね?」
私「そうです(誕生日以外の内容はあってるんだよ)」
担「それではこちらでも『購入したディーラー』に確認してみます」

ということで1回目の電話は終わった。
なんだあの言いぐさは!誕生日間違える馬鹿がどこにいる?
車の保険なんて事故にでも合わない限り一銭も戻ってこない掛け捨てなんだぞ。
人の金で飯食ってるくせになんて態度だ!
ば~かば~か!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

2回目の電話は、速攻平謝りで
申し訳ありません、入力ミスでした
だと。
厭味ったらしく保険会社の名前をフルで言って、「**XX保険会社の方が間違ったのですか?」
と聞いたが、間違ったのは『購入したディーラー』の人だと。
全く使えね~。
はっきり言って手続きミス多すぎなんだよ、あそこは!
ヤツの上司が陰険だって知ってるから、チクるようなことはしたくないけど、チクらないとこっちが被害にあうんだよな~。
ってもその営業君も気にしない系ではあるけど。

ということでプンスカな午後だった。
むしゃくしゃしたのでいつもは自粛してるトムヤムクンラーメンを食べた。辛くてうまい。
こうやってデブになっていく。
[PR]
# by hleaves | 2012-07-04 19:03 | 生活

ハキハキ少年

先日、夫と図書館に行こうと、駐車場に車を停めていたら、駐車場内をうろうろしている小学校3年生くらい?の男の子を見かけた。
奥に止めてある車に用があるのかと思い、そのまま車から降りたら、

「ばんそうこう、持ってますか?」
と声をかけられた。

え?あたし?
「ばんそうこうはもってないな~、誰か、怪我しちゃったの?」

「友達が 転んで ひざを怪我しちゃったんです」
とはきはき答えられた。

しっかりした話し方だな~、と感心しつつ、それはたいへん!と一緒に見に行ったら、その男の子より少し大きい女の子が座り込んでいた。
周りに5~6人の女の子がいて、大丈夫?という雰囲気で見守っている。

「この子です。転んでひざを怪我しちゃったんです」

見たところ、子供によくある擦り傷。両ひざ。
昭和に子供時代を過ごした私に言わせれば、つばつけときゃ治るレベル。

とはいえ、「つばつけときゃ治るよ!」とはいえず、図書館に行って相談することにした。
カウンターには女性が2人がいた。
「すみません、そとで遊んでる子供が転んでひざをすりむいちゃったみたいなんですけど、応急処置とか頼めるところありますか?」
と声をかけたところ、カウンターの女性から館長に話が行って、脱脂綿と消毒薬を持った館長が出動。
その間に夫が図書館に入ってきて、
「家にばんそうこう取りに行こうかって話してたよ」
と情報を提供してくれた。
ばんそうこうの前に傷口をきれいにしなきゃダメだって~、ていうか、ばんそうこう貼るより傷口乾かしたほうがいいのでは?と思いつつ館長と現場へ急行。
現場に着いたら、またハキハキ少年が
「友達がころんで怪我しちゃったんです!」
と訴えてきた。
だんだんそのハキハキぶりが面白くなってきた。
深刻な怪我だったらそんなことは思わないが、それほどのものではないし。
しかしその場で笑うわけにもいかず、館長にお願いして私は退場した。

本を選んでカウンターに行ったら、館長がいたので
「大丈夫でしたか?」
と聞いたら、
「ええ、こどもの怪我ですから。公民館で○○教えてるの先生のお子さんですね。」
とプチ情報を教えてくれた。

いや~あの少年のハキハキした話し方は下手な社会人よりしっかりしてる、と思った。
ウチの職場のチャラ男ダメ男より数段しっかりしていると思った。
あのまましっかりした男として成長してほしいと思った。
[PR]
# by hleaves | 2012-06-05 19:34 | 生活

私のものは誰のもの?

私が私のもののつもりで買ったものが、いつの間にか夫に使われているという不思議な話。

まず、小さなものは『飲むヨーグルト』
私は乳製品が好きで、夕飯の買い物のついでに飲みきりサイズの飲むヨーグルトを買って帰ることが多かった。
しかし、飲みきりサイズはコストパフォーマンスが悪いし、花粉症にヨーグルトが効くという話を聞いたので、1リットルパックを買うようになった。
会社から帰ってきて、小腹がすいたね、こんな時は飲むヨーグルトとバナナだね、と冷蔵庫から取り出すと、なんだか、軽くなっている!
朝起きて、流しを見ると、内側が白っぽくなってるコップがある!
ふと気づくと
「すっきりする!」
と言いながら、飲むヨーグルトを飲んでいるでかいおっさんがいる!
「ちょっと~!それ、私が飲もうと思って買ったんだかんね!」
と抗議しても、素晴らしい笑顔でごまかして去っていく。
まあ、生活費は夫から出ているので、これくらいはいいですけど。

次に、『エアーサロンパス』
私は、冬、しもやけになることが多く、同じ職場の人からエアーサロンパスが効く、と勧められた。
確かに症状は軽くなったと思うが、この冬の寒さには勝てず、よくなったり悪くなったりを繰り返した。
しばらくしてエアーサロンパスが夫の目に留まり、肩こりや背中の痛みに
「シューして」
と毎朝毎晩頼まれるようになった。
シューしてからの肩もみが毎晩の恒例行事になった。
私も揉んでもらっているけど。
夫のでかい肩を私の小さな手で揉むのと、夫のでかい手で私の小さな肩を揉むのは、差がありすぎると思うのだが。
毎晩手が痛くなる。不公平だと思う。

一番なんじゃそりゃ?と思うのは、『車』
私が乗っているのはコンパクトカーでガソリン車である。
夫は2月に車を購入した。
私の車より大きく(後ろが長く)、ハイブリッドカーである。
もちろん、私の車より燃費がいい。
しかし、休みの日に出かけるのは私の車のほうが多い。
私も一緒に出掛けるならいいけど、夫一人で出かける時も私の車に乗って行ってしまう。
夫なりに基準があるらしく、近場で混んでいるところは私の車で行くそうだ。
となると、ほぼ私の車で出かけることになる。
確かに小さいほうが運転は楽だからね。
混んでる所とか特に。
でもさ、あ、ちょっと買い物行こうかなって時に外見て、車がない!っていうのは衝撃だよ。
夫の車で行けばいいんだろうけど、私も近場で混んでいるところは自分の車で行きたいんだよね。
出かけるついでにガソリン入れてくれるからいいけど。
[PR]
# by hleaves | 2012-04-24 19:00 | 生活
line

最近なんだか忙しい。


by hleaves
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite